境界をあるく美術家。

抽象化され余分を削ぎ落とした「絵画」は、それを読解する時間をかけて「情報」以上のなにかを伝えられるのではないか、と思う。それは、絵の具や帆布の物質性と筆致、作家の身体性という些細な現象も含んだうえでの「なにか」だ。

“REVIVE”シリーズでは、手術前後の食事の記録を素材にしている。記録写真をモザイクに加工し、色を抜き出し、忠実に絵の具でドットを描いていく。描いたドットの集合体は主人公のいる景色や食べるという行為の時間を内包するが、わたしが絵をとおして観てもらいたいのはそこではない。

風景画という絵画のいち形態を端緒として「風景のなかにみた色を再現する」というひとつの行為のみを選択し、その要素を「色をつくる(mix)」「塗る(paint)」「描写する(depict)」に分解して、画家にとって描くとはなにか、について絵画のなかで思考する絵画を目指している。そのうえで、その思考をなぞるように追体験する観賞者に、答えを自らもとめるということ、をあらためて感じてもらいたいと考えている。

ICT(情報通信技術)の発展により膨大な情報が瞬時に得られる時代になりました。なにかに対する「答え」も、もはや他者から瞬時に得ることがデフォルトとなっている。スピード感のある流れのなかで美術家が僅かにおぼえる怖れは、世界/モノ/ひとのリアルを忘れないことへの切望かもしれない。NFTの登場により、美術作品の唯一性の定義もさらに揺らぐことになったが、わたしはこの進みつづける世界を把握しつづけるために風景画を描く。

01/12/2021 わにぶちみき



(Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…)

00/00/2021


(Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…)

00/00/2021


(Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…Older statements follow below…)

00/00/2021