【ARTWORK】
The artwork which showed at the group show “HAIKUxART exhibition” is now uploaded on Vimeo. Wish the subtle concept of mine could be communicated to you. Please take a look, thank you. (Approx. 4 mins)

Seventeen Leaf Scenery ( Irimajiri-Ke )
2017
Acrylic on Paper
“HAIKU x ART EXHIBITION”
at Irimajiri-Ke the samurai’s house in Iga-city, Mie Pref

 

【作品紹介】
先日の俳句×美術で展示しました作品を動画でVimeoにアップしました。Subtle(とても微妙)な作品のコンセプトが少しでも伝われば幸いです。お時間があればどうぞ。(約4分)

《十七葉の風景(入交家)》
2017
和紙にアクリル
“俳句×美術 in 伊賀上野”
入交家住宅(三重)

 

 

———-
俳句という“発句”をもらい、景色と観賞者を「色」という媒体でつなぐ、新たな方法を模索した。俳句の世界では17音の言葉で俳人のみた風景を詠む。ならば美術家がみた風景を17色で表現することも可能ではないか。初夏に見た庭の色を17色ずつ抜き出し、ごく薄い和紙17枚(葉)を重ねることによって、観賞者を時間の向こうの景色へと誘うことを意図した。わずかな空気の流れの変化が、微かに景色の色も変える。日の光の強弱や傾きで、“今ここ”の風景は観賞者ごとにちがう色をしている。観る者の感情も密かに揺らしながら、想像力を刺激し、沈思黙考の場を表現した。

“俳句は過去と繋がることで、過去と現在を自由に行き来できる。俳句の時空を前にして、美術はなにを見つけるのだろうか。出来合の言葉に閉じ込められてしまえば、世界は新しい様相を見せてはくれない。見つけたいのは、これまで見えていなかった世界への入り口。”(展覧会趣旨/参加作家 山口良臣)